手のシミをレーザー治療で治したい! そのメリットとデメリットを知りましょう

「手のシミをどうにかしたい!」と思ったときに、美容皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方も多いかと思います。

美容皮膚科での治療ですので、医師による処置やアフターフォロー体制もあり安心である反面、レーザー治療に関して内容をしっかり理解しておかなければなりません。

レーザー治療を受ける際には、処置の内容だけではなく、処置後のケアや、日常的に気をつけなければならないことなどが、さまざまあります。

そこで、今回は手の甲のシミに対してのレーザー治療のメリットとデメリットについて解説します。

手のシミをレーザーで治療するメリット

手のシミをレーザー治療するメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

早速、見ていきましょう。

治療が1回で完了することがある

手の甲のシミをレーザー治療で行う場合、「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」という治療法が行われることが多くあります。

Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、手の甲のシミの代表格である「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」に有効とされています。

個人差はありますが、シミが薄い場合などは1回で治療が完了する場合もあり、非常に手っ取り早い方法です。

短期間でシミの悩みから解放される

上述している通り、薄いシミは1回で完了する場合もありますが、濃いシミの場合は数回にわたって処置していきます。

ただ、市販品で継続的にケアをするよりかは、やはく悩みを解消することができますので、手っ取り早い方法には変わりありませんね。

手のシミをレーザーで治療するデメリット

では、手のシミをレーザー治療するデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

早速、見ていきましょう。

料金の高さと予約を取っていく手間がかかる

レーザー治療の場合、シミの大きさによって料金が変動します。

小さいシミなどであれば金額は比較的抑えることができますが、色濃くなっているシミや大きさ、数が多い場合などは、その分料金が加算されていきますので、結果的にはかなり高額になってしまいます。

また、色濃くなっているシミはレーザー治療の処置を複数回行うため、その都度クリニックの予約を取らないといけないという手間が発生してしまいます。

レーザー治療で別の問題が出ることも

レーザー治療を受けるときに一番理解をしなければならないのが、リスクの部分です。

手の甲のシミにレーザー治療をした際に想定される代表的なリスクについて、解説していきます。

(1)炎症後色素沈着が起こる

レーザー治療をする場合に多く起こるのが、「炎症後色素沈着」という現象です。

これは、レーザー光線が皮膚を刺激することで、メラニン濃度が一時的に増している状態で、元のシミより色濃く出る可能性があるというものです。

もちろん個人差はありますが、「一時的」と言っても肌にこの現象が出てしまうと、消失するまでに通常半年〜1年ほどはかかるとされています。

短期間では引かない症状ですので、実はレーザー治療を行うときの一番厄介な問題なのです。

(2)ホームケアをしづらい箇所である

レーザー治療をしている箇所はとても敏感で、紫外線や外部刺激の影響をとても受けやすいため、ホームケアとして処置した箇所を絆創膏などで覆うことが必須とされています。

ただ、手の甲のシミを処置した場合、このホームケアがとても難しくなってしまいます。

手は顔などと違い、手を洗う回数も多いですし、身体の中でも動かす回数が多い箇所ですよね。

レーザー治療をした後は、とにかく触らないで刺激を与えないというのが基本です。

そのため、手の甲のシミのレーザー治療をする際には、治療するタイミング(時間的余裕や仕事、家事に影響がないかなど)を検討する必要があるのです。

リスクを避けて、時間やお金をかけたくないなら、まずはルミナピールから試してみましょう

「リスクを考えると、やはりレーザー治療は難しいかもしれない…。」

と思ってしまう方も多いかもしれません。

しかしまだ諦めるのは早いですよ!

3,000円台で手の甲のシミ対策ができる商品があります。

それは、「ルミナピール」というピーリングジェルです。

このルミナピールは、手の甲の表面にあるシミを含む古い角質をピーリングで取り除きながら、美白成分を浸透させるというもの。

メラニンの生成抑制や、抗炎症作用があるカモミールから抽出される「ビサボロール」や、肌の柔軟性を高める保湿成分の「ホエイ」などの美白成分が配合されており、肌表面のターンオーバーを促進させながら、美白成分をぐんぐんと浸透させていきます。

美白成分をたくさん塗っても、古い角質が肌表面に残っていたら浸透できませんよね。

ルミナピールは、ファーストステップでピーリングによって肌表面のターンオーバーを促進させるので、手の甲のシミに早く実感ができるのです。

まとめ

今回は、レーザー治療のメリット・デメリットをご紹介しました。

「手」は身体の中でも日常的に動かす部分が多い箇所ですので、手っ取り早いレーザー治療は受けられても、処置後の対策ができるかどうかがキーポイントになってくるということが分かりましたね。

また、薄くて小さいシミであれば料金的な問題もクリアできるかもしれませんが、色濃く大きなシミの場合は継続して治療を受けられないこともあるかもしれません。

その点では、自宅で手軽に取り入れられるルミナピールは料金的にもおすすめです。

ルミナピールは、手の甲のシミ用に作られている商品ですので、実感度は抜群ですよ。

公式サイトで購入すればお得に手に入れられることができます!

手の甲のシミをどうにかしたい!と思っているなら、今すぐに取り寄せましょう!

投稿日:

Copyright© シミ消しNavi , 2018 AllRights Reserved.