手のシミを皮膚科で治したい! そのメリットとデメリットを知りましょう

「手のシミをどうにかしたいけれど、レーザー治療はちょっとリスクがあってトライできない…。」

「まずは、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらう外用薬で治したい!」

という方も多いのではないでしょうか?

外用薬といえども、どのような薬なのか、どのような作用があるのかなど不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、手のシミを治すために皮膚科や美容皮膚科で処方される「外用薬」についてのメリットとデメリットについて解説していきます。

皮膚科で貰える外用薬の種類

手のシミを薄くする・消失させるために、皮膚科や美容皮膚科ではどのような外用薬を処方してもらえるのでしょうか?

早速、見ていきましょう。

ハイドロキノン

まず一つ目の外用薬は「ハイドロキノン」です。

シミにお悩みの方であれば一度は聞いたことがある成分かと思いますが、これは「お肌の漂白剤」や「お肌の美白剤」とも言われる美白成分です。

ハイドロキノンは、シミの元になるメラニンを作り出す酵素(チロシナーゼ)を抑制するはたらきがあり、さらには、メラノサイトのはたらきも抑えて、メラニンの数を少なくしていきます。

つまり、今あるシミに対しても、シミ予防に対しても効果が発揮できる美白成分なのです。

今あるシミに対しての効果は、ビタミンCより高いとも言われています。

肌への刺激性が非常に高いため、日本では使用を禁止されていましたが、2001年の規制緩和によって一般化粧品にも配合が可能になりました。

ただ、濃度が高いと、肌への刺激性は高いので使用前には注意が必要です。

トレチノイン

トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)誘導体で、皮膚科や美容皮膚科でしか処方してもらえない薬です。

トレチノイン配合の市販薬はありません。

トレチノインは、ターンオーバーの促進のはたらきがとても強いので、肌表面のシミやニキビ跡を薄くしていくことができます。

さらには、肌内部のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の生成を促す効果や、皮脂の過剰分泌も抑制させるはたらきがあるため、シワ・たるみ・毛穴詰まりなどにも有効とされている成分です。

手のシミを皮膚科で治療するメリット

手のシミを皮膚科や美容皮膚科で治療するメリットとしては、やはり上述している外用薬「ハイドロキノン」と「トレチノイン」を処方してもらえることにあります。

中には高濃度ハイドロキノンやトレチノインなどの海外製品を個人で輸入して使用している方も多いのですが、万一、肌に悪影響があったときに安全性を担保できないという面も存在しています。

そのため、皮膚科や美容皮膚科の医師の指導の元、適切な使用方法を教えてもらえることやアフターフォロー体制があることが大変重要になります。

手のシミを皮膚科で治療するデメリット

手のシミを皮膚科や美容皮膚科で治療するデメリットとしては、処方される外用薬の作用が市販品より強いため、短期間のうちに肌にかなりの負担がかかってしまうことです。

また、外用薬の値段は病院によってさまざまですが、外用薬だけをもらうということはできないため、診察代を合わせると市販品より高価格になってしまうという点もあります。

ハイドロキノンとトレチノインの1ヶ月分の値段はいくら?

(1)ハイドロキノンの1ヶ月分の値段

ハイドロキノンの1ヶ月分の値段の相場は、5gのクリームで2,500円前後とされています。

この5gは、1ヶ月分として処方されますが、シミの範囲や数などによっては1ヶ月もたないということもありますので、その分料金が加算されていくことになります。

(2)トレチノインの1ヶ月分の値段

トレチノインの1ヶ月分の値段の相場は、5,000〜7,000円前後とされており、ハイドロキノンよりは価格が高くなっています。

ハイドロキノンもトレチノインも、濃度によっては料金が変動することもありますので事前に皮膚科や美容皮膚科の料金表をチェックしておくと良いでしょう。

外用薬に副作用はないの?

(1)ハイドロキノンの副作用

赤みやアレルギー反応、継続して使用することで白斑(肌の一部が白くなるもの)が出たりすることがあります。

(2)トレチノイン

赤みやかぶれ、ターンオーバー促進による乾燥や皮がむけたりすることがあります。

時間やお金をかけたくないなら、まずはルミナピールから試してみましょう

「外用薬のリスクや値段を考えると、やはり通院し続けるのは難しいかもしれない…。」

と思ってしまう方も多いかもしれません。

しかしまだ諦めるのは早いですよ!

3,000円台で手の甲のシミ対策ができる商品があります。

それは、「ルミナピール」というピーリングジェルです。

このルミナピールは、手の甲の表面にあるシミを含む古い角質をピーリングで取り除きながら、美白成分を浸透させるというもの。

メラニンの生成抑制や、抗炎症作用があるカモミールから抽出される「ビサボロール」や、肌の柔軟性を高める保湿成分の「ホエイ」などの美白成分が配合されており、肌表面のターンオーバーを促進させながら、美白成分をぐんぐんと浸透させていきます。

美白成分をたくさん塗っても、古い角質が肌表面に残っていたら浸透できませんよね。

ルミナピールは、ファーストステップでピーリングによって肌表面のターンオーバーを促進させるので、手の甲のシミに早く実感ができるのです。

まとめ

今回は、皮膚科や美容皮膚科で手のシミを治療する場合のメリットとデメリットをご紹介しました。

病院で処方される外用薬は、良い面もありますが、短期間のうちに肌にかなりの負担をかけてしまうことにもつながりますので、事前に内容をしっかり把握することが大切です。

その点では、ルミナピールは肌への副作用も低いホームケアですので、安心して取り入れることができます。

手の甲のシミをホームケアでどうにかしたい…!と思っているなら、今すぐに取り寄せましょう!

投稿日:

Copyright© シミ消しNavi , 2018 AllRights Reserved.