エイジングサインの一つである「手の甲のシミ」。

どうにかしてこの悩みをなくしたい!と思っている方も多いのではないのでしょうか?

ここでは、手の甲のシミを改善する方法をメリット・デメリットも交えながら解説すると共に、人気の手のシミ対策商品をランキング形式でご紹介!

手の甲のシミに悩んでいたら、要チェックです!

手の甲にシミができてしまう原因とは

手の甲にシミができてしまう原因は主に二つあります。

一つ目の原因は、ズバリ「紫外線」です。

肌表面のシミは紫外線を受けてすぐにできたものではなく、長年蓄積されてきた紫外線のダメージによって、徐々にシミとなってあらわれるのです。

紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてメラニン生成の指示を出します。

本来、メラニンは肌のターンオーバーと一緒に排出されるのですが、紫外線を過剰に浴びたり、肌代謝が落ちて機能が低下したりすると、ターンオーバーで排出しきれなかったメラニン色素が「沈着」してシミとなり肌に残ってしまいます。

それが、手の甲のシミの主な原因とされています。

二つ目の原因は、「ニキビ跡や虫さされ、傷による肌の炎症」の後に色素沈着が起こりシミとなってしまうものです。

特にニキビを潰してしまった部分に関しては、紫外線によって色素沈着がしやすくなっている状態であり、シミになることが多くなります。

さらには、この傷跡などの炎症だけではなく、クレンジングや洗顔などでゴシゴシと洗っていたり、強い力でフェイスマッサージなどを行っていたりすると肌の炎症が起き、色素沈着が起こる場合も多くあります。

手の甲のシミは何歳からできやすくなるの?

手の甲のシミの原因は、紫外線の蓄積が主な原因とされていますので、シミがあらわれるタイミングは個人差があります。

ですが、30代以降から悩みが深くなってくることが多いとされています。

では、手の甲のシミを改善する方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

手の甲のシミを改善する方法とは

早速見ていきましょう!

レーザー治療を受ける

皮膚科や美容皮膚科で、手の甲のシミを治療してもらう場合、レーザー治療を行うことができます。

その際、「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」という治療法が行われることが多くあります。

Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、手の甲のシミの代表格である「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」に有効とされています。

このQスイッチアレキサンドライトレーザー治療の料金は、クリニックによってさまざまではありますが相場としては、「直径5mm以内で5,000円ほど」になります。

個人差はありますが、シミが薄い場合などは1回で治療が完了する場合もあり、非常に手っ取り早い方法です。

Qスイッチアレキサンドライトレーザー以外では、「Qスイッチルビーレーザー」というレーザー治療を行う場合もあります。

この場合の料金についても、クリニックによってさまざまですが「直径5mm以内で5,000円ほど」になります。

シミの大きさが小さければ小さいほど、料金は低くなっていきます。

外用薬をもらう

皮膚科や美容皮膚科では、シミに対しての外用薬をもらうことができます。

主に2つの外用薬が処方されることが多く、どちらの薬も病院からでないと処方してもらえないものです。

(1)ハイドロキノン

まず一つ目の外用薬は「ハイドロキノン」です。

シミにお悩みの方であれば一度は聞いたことがある成分かと思いますが、これは「お肌の漂白剤」や「お肌の美白剤」とも言われる美白成分です。

ハイドロキノンは、シミの元になるメラニンを作り出す酵素(チロシナーゼ)を抑制するはたらきがあり、さらには、メラノサイトのはたらきも抑えて、メラニンの数を少なくしていきます。

つまり、今あるシミに対しても、シミ予防に対しても効果が発揮できる美白成分なのです。

今あるシミに対しての効果は、ビタミンCより高いとも言われています。

肌への刺激性が非常に高いため、日本では使用を禁止されていましたが、2001年の規制緩和によって一般化粧品にも配合が可能になりました。

そのため、現在はハイドロキノンの市販化粧品もありますが、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらえるものは濃度が高くなります。

ただ、濃度が高いと、肌への刺激性は高いので使用前には注意が必要です。

ハイドロキノンの1ヶ月分の値段の相場は、5gのクリームで2,500円前後とされています。

この5gは、1ヶ月分として処方されますが、シミの範囲や数などによっては1ヶ月もたないということもありますので、その分料金が加算されていくことになります。

(2)トレチノイン

まず二つ目の外用薬は「トレチノイン」です。

トレチノインとは、ビタミンA(レチノール)誘導体で、皮膚科や美容皮膚科でしか処方してもらえない薬です。

トレチノイン配合の市販薬はありません。

トレチノインは、ターンオーバーの促進のはたらきがとても強いので、肌表面のシミやニキビ跡を薄くしていくことができます。

さらには、肌内部のコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質の生成を促す効果や、皮脂の過剰分泌も抑制させるはたらきがあるため、シワ・たるみ・毛穴詰まりなどにも有効とされている成分です。

トレチノインの1ヶ月分の値段の相場は、5,000〜7,000円前後とされており、ハイドロキノンよりは価格が高くなっています。

ハイドロキノンもトレチノインも、濃度によっては料金が変動することもありますので事前に皮膚科や美容皮膚科の料金表をチェックしておくと良いでしょう。

手の甲のシミ対策の商品を使う

市販の化粧品でも、手の甲のシミ対策商品がたくさんありますので、どのように選んだら良いか分からない…となるかもしれません。

まずは、市販の化粧品を試してみたいとなった時には以下の基準で選ぶと良いでしょう。

(1)安心できるメーカーから購入する

「え?そんなこと?」と思われるかもしれませんが、これはすごく大切なことです。

皮膚科や美容皮膚科で処方されるような肌への刺激が強い薬(ハイドロキノンやトレチノイン)を、病院ではなく個人で輸入して使ってしまう方も多いのです。

ですが、万一肌に何かあった時の安全性が担保できません。

そのため、使用前後のアフターフォロー体制が万全な安心できるメーカーから購入するようにするのがベストです。

(2)ピーリング作用があるものを選ぶ

手の甲のシミ対策商品でまず一番大切なのは、肌表面のシミを含む古い角質をしっかり取り除くことができるものを選ぶことです。

どんなに良い美白成分を塗っても、硬くて厚い肌表面には浸透していきません。

そのため、商品の特性としてピーリング作用があるものが大変おすすめです。

(3)配合されている美白成分をしっかり確認する

有効とされている美白成分がたくさんありますが、どのようなものが入っていて、どのような作用があるのかを事前にしっかり確認しておくことが大切です。

美白成分には肌への作用が強すぎるものもありますので、できれば副作用が少ない自然由来のもので緩やかに作用しつつ、確実に実感できるものが良いですよね。

その中でも、カモミールから抽出される美白成分の「ビサボロール」などは副作用が少なく大変おすすめです。

レーザー治療や薬の使用はデメリットもあることを知っておきましょう

手の甲のシミを改善する方法としては、上述している通り「レーザー治療を受ける」「外用薬をもらう」「手の甲のシミ対策の商品を使う」の三つをご紹介しました。

しかし、レーザー治療や外用薬を使用する場合は、デメリットもあるということを事前に知っておくのが重要です。

レーザー治療の場合…料金の高さと予約を取っていく手間がかかる

レーザー治療の場合、シミの大きさによって料金が変動します。

小さいシミなどであれば金額は比較的抑えることができます。

ですが、色濃くなっているシミや大きさ、数が多い場合などは、その分料金が加算されていきますので、結果的にはかなり高額になってしまいます。

また、色濃くなっているシミはレーザー治療の処置を複数回行うため、その都度クリニックの予約を取らないといけないという手間が発生してしまいます。

処置後に別の問題が出ることもある

レーザー治療を受けるときに一番理解をしなければならないのが、リスクの部分です。

手の甲のシミにレーザー治療をした際に想定される代表的なリスクについて、解説していきます。

(1)炎症後色素沈着が起こる

レーザー治療をする場合に多く起こるのが、「炎症後色素沈着」という現象です。

これは、レーザー光線が皮膚を刺激することで、メラニン濃度が一時的に増している状態で、元のシミより色濃く出る可能性があるというものです。

もちろん個人差はありますが、「一時的」と言っても肌にこの現象が出てしまうと、消失するまでに通常半年〜1年ほどはかかるとされています。

短期間では引かない症状ですので、実はレーザー治療を行うときの一番厄介な問題なのです。

(2)ホームケアをしづらい箇所である

レーザー治療をしている箇所はとても敏感で、紫外線や外部刺激の影響をとても受けやすいため、ホームケアとして処置した箇所を絆創膏などで覆うことが必須とされています。

ただ、手の甲のシミを処置した場合、このホームケアがとても難しくなってしまいます。

手は顔などと違い、手を洗う回数も多いですし、身体の中でも動かす回数が多い箇所ですよね。

レーザー治療をした後は、とにかく触らないで刺激を与えないというのが基本です。

そのため、手の甲のシミのレーザー治療をする際には、治療するタイミング(時間的余裕や仕事、家事に影響がないかなど)を検討する必要があるのです。

外用薬をもらう場合にも、リスクがあります。

外用薬の場合…ハイドロキノンの副作用を事前に把握する必要がある

ハイドロキノンを使用すると、赤みやアレルギー反応、継続して使用することで白斑(肌の一部が白くなるもの)が出たりすることがあります。

トレチノインの副作用を事前に把握する必要がある

トレチノインを使用すると、赤みやかぶれ、ターンオーバー促進による乾燥や皮がむけたりすることがあります。

どちらの外用薬を使っても、肌への刺激は高く、その分副作用はありますので、事前に内容を理解しておかなければなりません。

費用と時間を抑えて始めたい方にはこれがおすすめ!


「レーザー治療はちょっと難しいかもしれない…。」
「病院で処方してもらう薬も副作用があってちょっと手が出せないかも…。」

という方には、市販の手の甲のシミ対策商品から始めてみるのがおすすめです。

人気ランキング第1位「ルミナピール」通常価格:3,300円(税別)

ピーリングでシミのない手の甲を!

このサイト経由なら全額返金保証付でお申込み可能です♪

一般的な手のシミケアで多いのは、クリームで美白成分を浸透させるという方法です。

しかし、このルミナピールは簡単に言うとピーリングケアの商品。

この「クリーム」ではなく、「ピーリング」という方法だからこそ、手のシミに効果があるのです!

ルミナピールの特長は、シミの元である「メラニン」が含まれる古い角質をまず取り除くことができるという点。

日常生活の“洗う”という行為では、シミを含む角質を「取り除く」なんていうことはできませんよね。

古い角質が取り除かれた肌だからこそ、配合されている美白成分がぐんぐんと浸透しやすくなるのです。

さらに、ルミナピールにはシミに有効的な美白成分が入っており、中でも副作用の少ない自然由来のものを採用していることもおすすめの理由の一つ。

まず、「ビサボロール」という美白成分。

あまり聞きなれない成分かもしれませんが、これはカモミールから抽出される精油成分です。

シミの元となるメラニンの生成抑制や、消炎作用などの働きがあり、自然由来のため副作用が少ないとされる美白成分なのです。

次に、「ホエイ」という成分。

「ホエイパックで美白!」と一時期、流行ったこともあったようにホエイには美白に効果的な成分です。

また、ホエイには肌を柔らかくする作用があるのでターンオーバーを促すことができ、シミケアに適していることが分かります。


人気ランキング第2位「ケシミンクリーム」通常価格:1,800円(税別)

ケシミンクリームの特長としては、「L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)」「トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)」の有効成分が配合されている医薬部外品であるということです。

ビタミンC誘導体も、ビタミンEもシミやそばかすを防ぐためは有効な成分です。

ビタミンEの作用として、血行が良くなることによるターンオーバーの促進もあります。

ですが、成分の浸透による肌の生まれ変わりのサイクルが整うには個人差がありますので、今あるシミに対しての実感度はルミナピールより低くなります。


人気ランキング第3位「薬用キメテ(kimeTE)」通常価格:5,700円(税別)

薬用キメテ(kimeTE)の特長としては、医薬部外品であるということです。

配合されている3つのメイン成分

  • 「トラネキサム酸」
  • 「アルピニアカルマダイ種子エキス」
  • 「党参抽出物加水分解液」

が医薬部外品成分です。

この3つの相乗効果により、シミや黒ずみの根元に直接アプローチしていきます。

配合成分や作用を見てみると、メラニンの生成抑制や活性化するのを防ぐはたらきがある成分が配合されているので、これからシミを濃くしないために取り入れるのは良いですが、今あるシミに対しての実感度は低くなります。

まとめ

手の甲のシミをなくすための病院での治療としては、「レーザー治療を受ける」「外用薬を使用する」がありました。

ですが、どちらも肌への刺激性が高くリスクが伴いますので、事前にしっかり内容を把握しておかなければなりませんよね。

費用も時間も、肌への刺激も抑えてシミをどうにかしたい!という方は、ぜひおすすめのランキングでご紹介した「ルミナピール」を試してみてくださいね!

ルミナピールは、手の甲のシミ用に作られた商品ですので、実感度は抜群です。

今ならキャンペーンでお得に買えるチャンスですよ!

Copyright© シミ消しNavi , 2018 AllRights Reserved.